高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法

医者

新薬で劇的に改善

看護師

関節リウマチの昔の治療法は痛みを和らげるための鎮痛薬の投与が主流でした。免疫の異常でこの病気が起こってきますので、この異常を抑える薬がなくては根本的な治療にはなりません。現在はこの免疫の異常を抑える薬が使用され世田谷でもこの薬で治療をしている人がいます。

Read More..>>

良性の病気です

先生

鼠径ヘルニアは、良性の病気ですので、手術で必ず良くなりますよ。手術した後は、なるべく野菜などを多くとり、便秘を避けるようにしましょう。お腹に不快感などを感じたときは、我慢せずに医療機関を受診してください。

Read More..>>

上手な選び方

看護師

伊丹にはたくさんの内科があります。通院することを考えて駅に近いロケーションの病院を選ぶと良いでしょう。また、ホームページを開設する病院が増えています。今後はインターネットで情報を入手して病院選びや予約をする流れになるでしょう。

Read More..>>

内視鏡技術と脊椎専門外来

腰椎椎間板ヘルニアに効果的な治療の方法をここで紹介します。保存的治療法と手術治療法から選びましょう。

技術が発達しました

先生

腰椎椎間板ヘルニアは、下肢に感覚麻痺や筋力低下が発生することが特徴です。しかしある程度の麻痺であれば、それほど大きな問題にはなりません。ところが一定以上に麻痺が進行すると、不可逆性になってしまいます。そのため腰椎椎間板ヘルニアは、麻痺が進行し出すと、手術治療を実施することが必要です。従来の腰椎椎間板ヘルニアの手術治療は、ラブ法に代表されるように、大きく切開していました。いっぽう最近の手術治療は、全般的に患者への負担を軽減したものが主流になり始めています。そうした点で腰椎椎間板ヘルニアの手術治療は、内視鏡を使用することが主流です。これまでの内視鏡による腰椎椎間板ヘルニアの手術治療は、確実性が問題でした。しかし現在は技術が発達したことで、大きく切開したものに劣らない成績です。

技術が高い脊椎専門外来

いっぽう内視鏡の場合には、大きく切開したものに比べると、視野が狭くなります。視野が狭ければ、当然ながら大きく切開したときよりも、細かな操作を要求されます。そのため腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡による手術治療は、高い技術が必要になります。そこで最近の病院では、同じ整形外科であっても、分野ごとに細分化されるようになりました。その点で腰椎椎間板ヘルニアは、脊椎専門外来が担当しています。脊椎専門外来であれば、脊椎全般に関わる疾患の専門家が集まっています。結果として腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡による手術治療も、高い技術で実施することが可能です。したがって腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡による手術治療は、脊椎専門外来を利用することが人気です。

Copyright © 2015 高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法 All Rights Reserved.