高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法

医者

良性の病気です

先生

鼠径ヘルニアとは、脱腸とも呼ばれており、良性の病気です。子供がよく患うと思われがちですが、実は大人によくみられます。子供と大人とでは、鼠径ヘルニアの原因も異なっています。ですから、治療法も異なってきますので、注意が必要です。子供の場合は、自然に治ることもありますが、大人の場合は、自然治癒することはなく、手術が必要になってきます。鼠径ヘルニアになりやすい人の特徴として、40歳以上の男性、咳をよくする人や妊娠中の人、立ち仕事が多い人などが挙げられます。その他にも、喘息や慢性肺疾患などを患っていたり、便秘がちな人や肥満の人にもみられます。下腹部から鼠径部の組織が弱くなっており、その部分からお腹の中にある腹膜が飛び出してしまうことによって起こる病気です。

鼠径ヘルニアの手術は、従来とだいぶ手術法が変わってきました。従来ですと、ヘルニアの出口を糸で塞ぐ手術法が主流でしたが、こちらは痛みも強く、入院期間も長くかかりました。現在では、プラグ法やクーゲル法など、いくつかの手術があります。手術時間が短く済む上、医療機関によっては、日帰りも可能とされています。手術前に診察があり、手術時間は40分程度。手術の翌日から歩行が可能で、三日後から入浴も可能になります。気になる退院後の過ごし方ですが、二週間後を目安に運動を始めて構いません。一ヶ月後には、力仕事も影響なくできるでしょう。ですが、手術後半年間ほどは、お腹に違和感を感じますので、なるべくお腹に力をかけず、ゆったり過ごすことをおすすめします。

Copyright © 2015 高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法 All Rights Reserved.