高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法

医者

新薬で劇的に改善

鎮痛薬が主流

看護師

関節リウマチは薬で治すことができる時代になっています。昔は薬を使っていても関節の破壊が進むことはよくありましたし一度かかってしまうと不治の病と言われていた頃もありました。変形や痛みに悩んでいた世田谷の人もいました。昔の薬は鎮痛薬が主流で痛みを和らげることに重点が置かれていました。ですがこの病気は免疫の異常が原因でおこる病気ですから、この免疫異常が改善しない限り炎症は止まることはありません。鎮痛薬を使って痛みは和らいだとしても炎症が続けば関節の破壊は進んでしまいます。鎮痛薬を長く使えば骨に悪影響も与えてしまいます。1999年以降抗リウマチ薬を使用することができるようになり劇的にこの病気の治療が改善されるようになってきました。世田谷でもこの薬を使い関節リウマチを克服している人がいます。

免疫異常を抑える

抗リウマチ薬は炎症の原因となっている免疫異常そのものを起こりにくくする薬です。生物学的製剤と呼ばれていて、これらの薬を中心にして治療を進めていくと炎症が止まり関節も良い状態のまま保てる可能性が高くなってきています。世田谷にもこの薬に助けられた人がいます。これらの薬を使用して治療を行っていくのが薬物療法になります。診断で関節リウマチと診断されれば、速やかに治療を始めていきます。治療薬の多くは効果を発揮するまでにある程度の時間がかかります。効果の判定を1〜3か月ごとに判定して適切に薬を投与していきます。世田谷にもこの薬で治療を行っている人がいて、長い間良好な状態が続き薬の量を減らしている人も少なくはありません。

Copyright © 2015 高い技術の専門病院で腰椎椎間板ヘルニアを治療|負担を減らす治療法 All Rights Reserved.